== 芝忠ブログ:私の処方箋 サイトマップ ==    * BLOG-TOP *
[ 今日のコラム ]View/Comment/Track
[2006/10/30 20:19:05]:西湘サロンの開設 本年三月から小田原駅新幹線口から五分の至近距離、小田原城天守閣を目の前にした
0 0 0
[2006/10/30 13:49:39]:公立図書館の変身(中小企業支援) 全国に公立図書館が約三千、うち県内には八一(二〇〇五年、〇二年は六一)。近年
3 0 0
[2005/04/12 12:08:41]:県職員のリストラ 民間の「リストラ」による従業員数の減少は近年著しいが、神奈川県庁の職員数もこ
401 0 0
[2005/04/12 11:52:14]:中小企業支援手法の転換╶╴個別対策から交流型へ われわれの部署に寄せられる年間相談件数は10年前の約4倍、8千件ほどである。
315 0 0
[2005/04/12 11:42:57]:中小企業新法への期待╶╴新連携時代へ 現在、中小企業庁では新しい法律(中小企業経営革新等総合支援法〔仮称〕)を準備
254 0 0
[2005/04/12 11:28:14]:航空・宇宙部品への挑戦╶╴これからの中小製造業の生き方 神奈川・東京・千葉の中小企業55社が、航空・宇宙部品づくりへ参入した。市場規
356 0 0
[2004/04/28 12:11:42]:事業の再構築  2001年県事業所統計調査によると機械修理業は15年前より事業所数で48%
519 0 0
[ 交流会 ]View/Comment/Track
[2005/01/22 03:18:11]:金沢大会 昨年(2004)11月に石川県金沢市で開催された「第6回INF大会(広域異業
369 0 0
[2005/01/22 03:16:22]:異グ連20周年と広域ネットワーク化研究会 異グ連20周年と広域ネットワーク化研究会(平成16年6月14日)  4月2
297 0 0
[ 異グ連ニュース ]View/Comment/Track
[2005/11/30 10:56:33]:koi-koiプロジェクトについて koi-koiプロジェクトについてテスト中です。
122 0 0
[2005/01/22 03:12:06]:第16号 平成16年(2004)年を展望する 平成7年(1995)4月、神奈川中小企業センタービル内に開設された「かながわ
331 1 0
[2005/01/22 03:05:02]:新連携時代の神奈川異グ連の活動評価  今、新しい中小企業関係法(中小企業経営革新等総合支援法〔仮称〕)が準備中で
370 0 0
[ 行政施策連載 ]View/Comment/Track
[2006/10/30 20:12:06]:西湘サロンの開設 本年3月、小田原駅から5分の至近距離にある会場で神奈川県異業種グループ連絡会
0 0 0
[2006/10/30 13:56:55]:公共図書館の中小企業支援 全国に公共図書館が2951館(05年、1年間で 126館増加、92年当時約2
0 0 0
[2006/09/11 14:27:30]:宇宙機器産業の振興 私どもが神奈川や東京など「京浜地域の活性化」の一環として航空宇宙部品産業を取
1 0 0
[ 企業訪問 ]View/Comment/Track
[2006/05/30 14:15:55]:詁置工業所 神奈川県茅ヶ崎市内にある詁置工業所(日置喬社長、58歳、資本金1000万円
2 0 0
[2005/01/22 03:23:05]:(株)山之内製作所  横浜市神奈川区に本社をおいている(株)山之内製作所(山内慶次郎社長、46歳
437 0 0
[2005/01/22 03:09:29]:(株)光合金製作所 北海道小樽市にある(株)光合金製作所は寒冷地における水回り製品(不凍給水栓と
554 0 0
[ 温交知新 ]View/Comment/Track
[2005/01/22 01:28:40]: 第76回(最近の新聞記事から掘飽豎笋衄ず得献廛蹈献Дト― 13年1月22日付、神奈川新聞1面トップ記事に、割り箸を再生し、活性炭として
428 0 1
[2005/01/22 01:27:37]:第75回(最近の新聞記事から供飽豬設業界も注目する異業種交流一 建設業界新聞「建通新聞」の13年1月1日号に、「保守的業界の破壊を!―かなが
397 0 0
[2005/01/22 01:26:20]:第74回(最近の新聞記事からl)―水質浄化技術の実証実験の成功一 最近、私どもの関係事業が新聞を賑わせておりますので、紹介します。 第16回で
316 0 0
[2005/01/22 01:25:50]:第73回(調査結果IV) 売上高が高いグループ―即ち成果が大きいグループの活動実態では、.哀襦璽彝萋
259 0 0
[2005/01/22 01:25:26]:第72回(調査結果掘 調査では共同開発に取り組んでいるグループが回答グループ七七六グループのうち過
281 0 0
[2005/01/22 01:24:54]:第71回(調査結果Il) この調査結果で注目されるのは、開発実績の有無によるグループを分類し、双方を比
221 0 0
[2005/01/22 01:24:10]:第70回(東アジア連携その14) この「シンガポール交流」は、筆者の所属する(財)神奈川中小企業センターの国際
239 0 0
[2005/01/22 01:23:30]:第69回(東アジア連携その13) シンガポール交流会の評価についてシンガポール側は、「イベントとしては大成功し
230 0 0
[2005/01/22 01:22:59]:第68回(東アジア連携その12) シンガポールの来県による見学は全体に好評でした。特に金型加工やスチール製防火
234 0 0
[2005/01/22 01:22:30]:第67回(東アジア連携その11) 01年10月末にシンガポールから大交流団が来日しました。当初百名などと聞いて
236 0 0
[2005/01/22 01:21:50]:第66回(東アジア連携その10) シンガポールの異業種交流グループに張りついているコンサルタントは比較的若い人
234 0 0
[2005/01/22 01:20:51]:第64回(東アジア連携その8) 一昨年12月にベトナムとミャンマーのプロジェクトが合同で忘年会を行いました。
120 0 0
[2005/01/22 01:20:17]:第63回(東アジア連携その7) ミャンマービジネス開発研究会は、元大手プラント会社出身の当ビジネスコーディネ
109 0 0
[2005/01/22 01:19:53]:第62回(東アジア連携その6) 中国山東省威海市にある国際通商公司の東日本代表のI氏が、当異業種交流センター
120 0 0
[2005/01/22 01:19:20]:第61回(東アジア連携その5) ベトナムビジネス研究会は、異グ連と日本ベトナム友好協会神奈川県支部が共同事務
123 0 0
[2005/01/22 01:18:56]:第60回(東アジア連携その4 「日韓・中小企業革新協議会」は基本的にビジネス交流を希望する日韓の企業によっ
124 0 0
[2005/01/22 01:18:09]:第59回(東アジア連携その3) 十年前に初めて韓国を訪問したとき、国内主要都市五都市を訪問しました。ソウル・
131 0 0
[2005/01/22 01:17:49]:第58回(東アジア連携その2) アジアの中では韓国との交流が一番古く、10年以上前に遡ります。韓国政府が19
113 0 0
[2005/01/22 01:17:24]:第57回(東アジア連携その1) アジア諸国との交流は・異業種交流の普及活動に貢献したことがきっかけ・県内団体
86 0 0
[2005/01/22 01:16:58]:第56回(産学公(官)交流サロン・) 大学側の依頼で行った事例を紹介します。 横浜国立大学工学部の朝倉研
95 0 0
[2005/01/22 01:16:19]:第55回(産学公(官)交流サロン・) このサロンは、中小企業経営者と大学人や各種支援機関等との人脈形成が狙いです。
89 0 0
[2005/01/22 01:15:50]:第54回(産学公(官)交流サロン・) コンソーシアム事業も産学連携事業の一つですが、それ以前から当方では産学交流を
95 0 0
[2005/01/22 01:15:26]:第53回(新聞社説と異業種交流・) 前回、神奈川新聞の社説について書きましたが、丁度1回目と2回目の間の91年(
91 0 0
[2005/01/22 01:14:55]:第52回(新聞社説に取り上げられた異業種交流) 7月11日の神奈川新聞に「異業種交流新態勢・ビジネスチャンス拡大に期待」と題
95 0 0
[2005/01/22 01:13:20]:第51回(出会いの広場) 本年は12月4日から6日の3日間、横浜市内の産業貿易センターで開催されます。
85 0 0
[2005/01/22 01:12:37]:第50回(出会いの広場) 雇用・能力開発機構との協調事業で際立ったのが「人と人、人と企業、企業と企業と
95 0 0
[2005/01/22 01:10:55]:第49回(中小企業政策研究会・) 研究会の会長は神奈川県中小企業家同友会の政策委員長が就任していますが、事務局
85 0 0
[2005/01/22 01:06:58]:第48回(中小企業政策研究会・) 36年振りに改正された中小企業基本法の考え方については、異業種交流関係者に取
94 0 0
[2005/01/22 01:06:19]:第47回(中小企業政策研究会) 補助金は、申請者が多く、予算が少なければ当然競争関係になります。従って他社の
90 0 0
[2005/01/22 01:04:54]:第46回(中小企業政策研究会・) 現在、中小企業向け補助金は各種あり、30とも40とも言われています。大別して
89 0 0
[2005/01/22 01:03:56]:第45回(中小企業政策研究会) 中小企業政策研究会は本当の研究会で、いわゆる事業化を直接的に推進するものでは
90 0 0
[2005/01/22 01:00:24]:第44回(コンソーシアム事業その6) コンソーシアム事業は第2年目を迎えましたが、今年度の新規分野として環境関連コ
84 0 0
[2005/01/22 00:59:47]:第43回(コンソーシアム事業その5) 前回ふれたホームヘルパー2級養成研修講座の実施企業魯灰好皀魁璽櫂譟璽轡腑鵑
89 0 0
[2005/01/22 00:58:21]: 第42回(コンソーシアム事業その4) 医療・福祉コンソーシアムは、13分科会を設置しました。昨年の成果の一部を紹介
87 0 0
[2005/01/22 00:57:52]:第41回(コンソーシアム事業その3) 新製造技術分野、当初14、後に16テーマが推進されました。いくつかの成果を紹
99 0 0
[2005/01/22 00:56:56]:第40回(コンソーシアム事業その2) コンソーシアム事業では、テーマ別に分科会を設定することになっています。そこで
86 0 0
[2005/01/22 00:55:43]:第39回(コンソーシアム事業) 平成12年度から開始した本事業は国の新規成長産業15分野の中から、神奈川県に
100 0 0
[2005/01/22 00:55:15]:第38回(相談業務の本質) 財団が神奈川県の中小企業支援のための総合相談体制を果たす中で、一番の弱点が実
84 0 0
[2005/01/22 00:53:52]:第37回(交流支援課) 財団((財)神奈川中小企業センター)の機構改革により、新たに3名配置となった
90 0 0
[2005/01/22 00:52:47]:第36回(財団の機構改革) この4月に私のいる財団((財)神奈川中小企業センター)が大機構改革を行いまし
85 0 0
[2005/01/22 00:52:13]:第35回(ものづくりネットワークプロジェクト) 異グ連(神奈川県異業種グループ連絡会議)ほか4団体による、高精度・難加工・小
92 0 0
[2005/01/22 00:50:36]:第34回(メーリングリストの運営) メーリングリストを開設した場合の問題点をさらに検討すると、実際に運営する担当
88 0 0
[2005/01/22 00:49:50]:第33回(メーリングリストの運営・) IT化の一つの利用形態として、各種の情報交換の‘場’をメーリングリストを設置
97 0 0
[2005/01/22 00:48:44]:第32回(異業種グループのIT化推進策) 前回紹介した(財)産業研究所(現在産業経済研究所に名称変更)による中小企業異
88 0 0
[2005/01/22 00:48:06]:第30回(シンガポールのIT事情) 横浜市で毎年2月、3日間開催されている工業技術見本市「テクニカルショウヨコハ
86 0 0
[2005/01/22 00:47:28]:第29回(“超”の話) 川崎市内のK社がホームページを立ち上げました。当社は大規模構内の電話システム
94 0 0
[2005/01/22 00:46:58]:第28回(“超”の話) 前回“超”精密切削加工のキーワードで仕事が殺到したことを書きましたが、その百
85 0 0
[2005/01/22 00:46:25]:第27回(ホームページのキーワード) 現状の情報検索システムは基本的に言語検索です。従って他人から見て自社のホーム
81 0 0
[2005/01/22 00:45:22]:第26回(ホームページ) 神奈川県異業種グループ連絡会議(異グ連)のホームページが消滅して3年、経費の
94 0 0
[2005/01/22 00:43:18]:第25回(広域インターネットフォーラム) 情報通信ネットワーク研究会には神奈川県内のグループだけでなく、東京都のプラザ
86 0 0
[2005/01/22 00:42:47]:第24回(情報通信ネットワーク研究会) 96年6月に設立した研究会で、神奈川県内の異業種グループ20団体により、相互
92 0 0
[2005/01/22 00:41:35]:第23回(新セキュリティシステム) 泥棒とかひったくりとか自販機の破壊とか、昔(?)に比べると大規模かつ
86 0 0
[2005/01/22 00:40:49]:第22回(健康タオルの販売会社設立支援) これは愛媛県今治市のM社と横浜市のT社が愛媛県の技術アドバイザーの指導により
87 0 0
[2005/01/22 00:40:22]: 第21回(食品残滓の養豚用飼料化プロジェクト) これは従来殆ど利用されていなかった資源の再利用を考えたものです。昔から養豚用
89 0 0
[2005/01/22 00:39:48]:第20回(タバコの吸殻リサイクル) 現在タバコの吸殻はゴミとして焼却処分されていますが、日本では年間3千億本が発
110 0 0
[2005/01/22 00:39:09]:第19回(ガム取り機器の販売及び会社設立支援) 駅や電車内や公共的ホールなどガムがやたらに捨てられて、問題になっております。
97 0 0
[2005/01/22 00:38:34]:第18回(水販売業者と有機野菜宅配業者の提携) 最近、日本でも飲用の水を買うようになりました。ある調査だと水道水を飲む人が実
95 0 0
[2005/01/22 00:38:00]:第17回(ゼロエミッション計画推進プロジェクト) 最近、新設の工業団地では廃棄物を出来るだけ排出しないというゼロエミッション計
92 0 0
[2005/01/22 00:37:07]:第16回(水色プロジェクト) 異業種交流センターへの相談で、ある時期同じようなテーマが集中することがありま
85 0 0
[2005/01/22 00:36:32]:第15回(環境関連プロジェクト) 環境問題は言うまでもなく、現在の地球環境や日本国内の“ごみ”問題は焦眉の急を
92 0 0
[2005/01/22 00:35:09]:〔未掲載〕第 回(交流から事業化へ) 最近の交流手法として重要なことは、国・地方の新規創業(事業)支援策を活用した
97 0 0
[2005/01/22 00:34:30]:第14回(産学交流その4) 10月6日、岩手県盛岡市で「異業種グループネットワークフォーラム第2回全国大
87 0 0
[2005/01/22 00:33:55]:第13回(産学交流・その3) 大学や公的研究機関との交流で大切なのは、自社の研究室をそこに持つ位の展望で考
92 0 0
[2005/01/22 00:33:06]:第12回(産官交流・その2) 部局を超えた官の利用策についての事例です。かながわ異業種交流センターで水質浄
99 0 0
[2005/01/22 00:32:29]:第11回(産官交流) 異業種交流会はその多くが“官”の働きかけで設立されています。官と言っても大部
90 0 0
[2005/01/22 00:31:03]:第10回(産学連携) 異業種交流の第2段階で必ずという程、“学”との連携が出てきます。もともと産学
80 0 0
[2005/01/22 00:29:38]:第8回(異業種交流手法の類型化) 異業種交流手法を類型化すると、グループ内交流・グループ外交流、産学公(官)交
86 0 0
[2005/01/22 00:29:05]:第7回(アジアの異業種交流) シンガポールは、面積が日本の淡路島程度。人口は横浜市を少し上回る 380万人
85 0 0
[2005/01/22 00:28:23]:第6回(アジアの異業種交流) 7月にシンガポールへ10日間、異業種交流の研修指導に行ってきました。韓国が1
85 0 0
[2005/01/22 00:27:29]:第5回(異業種交流の歴史は交流手法の歴史) 筆者が1976年(昭和51年) 以降、異業種交流に携わってきたことを改めて振
92 0 0
[2005/01/22 00:26:57]:第4回(ネットワーク型組織に優秀企業が集積) 中小企業庁がネットワーク型組織の存在を重視するのは、従来の地域集積型組織(大
87 0 0
[2005/01/22 00:26:03]:第3回(ネットワーク型組織の重視) 「中小企業基本法」の改正は、ネットワーク組織についても言及され、単にインター
87 0 0
[2005/01/22 00:25:38]:第2回(政府の政策転換とSBIR) 1999年(平成11年)12月の臨時国会で「中小企業基本法」が36年振りに改
95 0 0
[2005/01/22 00:24:29]:第1回(東京都の連絡協発足) 県レベルの異業種グループ連絡組織(協議会・連絡会議等)の中で、最も設立が望ま
89 0 0
[ 未分類 ]View/Comment/Track
[2005/01/22 01:21:20]:第65回(東アジア連携その9) シンガポール政府が本格的に異業種交流を推進する態勢に入ったのは昨年(2000
152 0 0
[2005/01/22 00:30:08]:第9回(異業種交流の第2段階) 他グループや大学、公的な研究機関等との交流段階ですが、これには一過性のものと
125 0 0